年代
images
新商品や新規分野への参入
新設備導入もしくは各種認証制度の取得時期など
1946年
1946-330x240
昭和21年頃
製材、原木(丸太)土場にて材木屋仲間や製材職人たちと。
(丸太は桧、杉、米ツガ、スプルース等)
1949年
icatch_sunoko-330x240
土間スノコ(現ホームスノコ)販売開始
1958年
1958-330x330
昭和33年頃
リンバ(はぜ―稲を干すヤグラのようなもの)にて
木材(板―スプルース)長さ10尺(3m)~12尺(3.6m)を天然乾燥させている。
(前列右から2人目が創業者 星野大仲)
1960年
1960
昭和35年頃
まな板(足ナシまな板)
当時は足付まな板(ゲタ型)が主流であったが、この頃から現在使われている両面が使える平らなまな板の出荷が始まった。
1964年
1964-330x220
昭和39年頃
トラックにて材料土場へ木材搬入
この頃はアラスカ、カナダより良質なスプルース材が大量に国内へ入ってきて、建具や木製品に使われていた。
(手前が製材、奥が加工場)
2000年
newkanuma_pdf
New KANUMA シリーズ販売開始
2003年・栃木県産出材 登録 No.71
2007年・林野庁 木づかい運動 登録交付番号A-(1)-070035
2012年・合法木材供給 栃木県木協連 第009号
・とちぎカーボンオフセット 森林バイオマス利活用第3号
・レッツBuyとちぎ 指定番号 H24-8
2013年・間伐材マーク 認定番号 K0101030
・木材業者登録証 栃木県木材第 2147号
2015年
mik_pdf
New KANUMA シリーズ販売開始